結婚式の二次会景品の予算は会費次第で決まる!?

結婚式の二次会は、結婚式からの引き続きの参加、
さらに式には招待していなかったり来られなかった友人が
参加する傾向が有ります。

二次会の企画は、たいていの場合新郎新婦の友人が幹事として
行うことも多く、その際ビンゴなどを行い、景品の用意も
必要となります。

参加した方に喜んでもらえますし目玉となるものを入れておくと、
盛り上がることも間違いありません。

会費

この景品の予算を決める時には、会費の額が大きく影響してきます。

場所代、また飲食代などがかかりますので、そのバランスを考えて
決めていくことになります。

ほとんどのケースで会費からねん出されることになりますが、
場合によっては新郎新婦からも出されることもあります。

ちなみに、二次会会費の相場としては、実際にかかる費用に
+1000~1500円というのが一般的で、会場費(会場と料理、飲み物)が
1人5000円だとしますと、景品代を入れて6000円か7000円くらいが
目安と言えます。

当日回収というのほとんどで、幹事は大変なので、6500円などの
半端な数字はやめておいた方が良いでしょう。

景品代

たとえばですが、女性と男性で差をつけて、『女性5000円男性6000円』
『女性6000円男性7000円』とするケースもあります。

この費用の設定に関しては新郎新婦とも相談をして決めることもあります。

やはり、招待するのは新郎新婦ですので、料金が高すぎても集まらない
こともありますし、逆に安すぎてあまり良い品を準備できなく
なってしまうというのも面白くありません。