景品で用意しておきたい必要数は?

バランス

二次会を行う時に行うことといえばゲーム、ゲームをするとなると
用意する物といえば景品ですが、二次会の景品には
用意しておきたい必要数というものがあります。

というのも、数のそろえ方によって二次会の活気の良さが
左右されることがあるからです。

わかりやすく説明するために極端な話をしますが、もし30人ぐらい
参加者のいる二次会で景品を1つしか用意しなければ、
なぜたったの1点しかないのだと誰もが思うことでしょう。

だからといって大量に用意してはお金がかかりすぎてしまいます。

にぎやかな

ですから、二次会の景品の必要数というのは、多からず少なからず、
程よさというのが重要になってくるわけです。

なお、内容をどういった物にするかにもよります。
例えば、豪華な物ばかりを用意するのであれば、点数は少なく
当たる人が少ないとしても、十分盛り上がるものです。

また、特別豪華というわけではなくても、それなりに良い物なら
数が多ければ当たる人が多くなりますから、やはり盛り上がるものです。

また、二次会で用意する景品の必要数を考える場合には
内容の種類のバランスといったことも考えておきたいところです。

用意した景品のすべてが食べ物であったり、生活家電であったら
他の種類もあったら面白かった、といった思いを抱く人も出てくることでしょう。

すべてバラバラの種類にとまでは言いませんが、いくつか種類があった方が
にぎやかな感じになりますから、雰囲気は良くなるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)