喜ばれる二次会の景品ブランド品といえば

誰がもらっても嬉しいもの喜ばれる二次会の景品ブランド品といえば
皆が良く知っているようなところが喜ばれます。

ただ、あまりに高いものとなると、一等以外では
あまり景品にしない方がいいかもしれません。
たとえば二次会の景品に温泉旅行のチケットなどがお勧めです。

ブランド品は注目が集まる一方で好き嫌いがあることも確かです。
何よりもまず、もらって喜ばれるものを選ぶことが大切だということです。

ただ、二次会の景品として目玉がブランド品となっていると、
俄然盛り上がることは確かです。

ですから、一等の景品として大きく紹介するといいかもしれません。

 

二次会は何より盛り上がりが大切ですから、そのような時には
こうしたブランドというのは大きな看板となります。

出来れば、皆が良く知っているところのものがいいでしょう。
家電の大手メーカーの商品なども喜ばれます。

嗜好品

ただ、嗜好品は避けた方がいいかもしれません。

二次会がそういう同じ趣味を持っているような特集な買いであれば、
嗜好品も皆の好みがわかるので、その好みに合わせたものを
選ぶといいのですが、会社の忘年会の二次会のような時には
人の好みはあまり分からないでしょうから、無難なところで
抑えておくというのも一つの考え方です。

二次会をより魅力的なものとするのに景品を凝りたいのは分かりますが、
あまりに凝り過ぎても好き嫌いがあるというケースもあります。

景品はゲームや抽選でもらうものとなるでしょうから、
誰にいくかわからないという前提で商品を選ぶ必要があります。
誰が貰っても嬉しいものを選ぶようにしましょう。

どんなものが対象になる?「嗜好品」の定義

嗜好品という言葉は1912年に雑誌に掲載された森鴎外の小説からはじまっていると言われています。
嗜好品という言葉は、風味や快感を味わうための食品や喫煙物という意味をもっています。

代表的なものは、お酒やたばこになります。
しかし、お酒やたばこは人によって好き嫌いが別れます。こう考えると嗜好品は「生きる上で必要ではないもの」ということになり、趣味として楽しむものとして捉えることもできます。

嗜好品を理解するうえでもう一つ考えていただきたい考え方は「人生にプラスの楽しさ」を与えるということです。
嗜好品を使うことで、気分の高揚感を味わうこともできますし、ストレスの解消にもなります。

 

ARISEという「楽しみ科学研究学会」が行った国際シンポジウムで発表された嗜好品の特質は、「普通の飲食物ではない」ということです。
どういうことかというと栄養要素やエネルギー源にならないものが当てはまります。

また「普通の薬ではない」、「生命維持に強い効果はない」、「ないと寂しい感じ」という特質もあげています。
なくても問題はないが、なくなってしまうと少し物足りなさを感じてしまうということを指しています。

 

以上のことから具体的にどのようなものが嗜好品なのでしょうか。
具体的にみていきましょう。先ほども記述した通り、酒やたばこが該当します。他にも、お茶やコーヒー、ジュース、お菓子、車などが嗜好品に当たります。

 

嗜好品と一言に言っても定義がさまざまで難しいと思いますが、今回紹介した内容を踏まえて考えてみると、イメージがつくかと思います。
嗜好品は場合によっては依存してしまうこともありますが、ストレスを解消してくれたり、人生にプラスの楽しさを与えてくれます。
上手に向き合ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)